シェアハウスを選ぶポイントは、担当者の管理状況を見る

シェアハウスを選ぶ際には、できればというより必ずそのシェアハウスを見学し、管理担当者と話をするようにしてください。何故、このことは大切なのでしょうか?管理担当者と話すことで、あるいは当該物件を見ることで担当者がどれだけきちんとシェアハウスを訪問し管理しているかを知ることができるからです。これは住みやすいシェアハウスを見つける上で大切なポイントになります。物件によってはそもそも管理担当者がいない、なんていうこともありますが、そういう物件の場合、何かトラブルが起きたときに十分に対応してくれることは期待できないでしょう。もちろん、こうしたシェアハウスは避けたほうが良いでしょう。さらにハウス内が清潔に秩序正しく保たれているか、またはハウス内にはられている入居ルールや注意書き等から担当者の管理状況を知ることができます。道理にかなったルールや注意書きがはられており、なおかつ共有スペースが清潔に保たれているようであれば、良い管理がされている物件とみなせるかもしれません。