マナーを守れる人ですか?

シェアハウスへの入居を考える場合、当然ですが自分自身もルールとマナーを守れる人である必要があります。これまで1人暮らしで好き放題に暮らしてきた人や、親元で片付けなどをすべて親に任せてきた人などは生活ルールを守ることを学ぶ必要があるでしょう。たとえば、共有スペースで朝出掛けるときにシェアメイトと会ったら挨拶をすること、あるいは入居時にきちんと自己紹介することなどは当然のルールに含まれます。また、共用部や共用設備を汚さずにきれいに使うことも大切なことです。これくらいはいいか、という気持ちは禁物です。他人にとってはそれが非常に気になることも多いからです。たとえば、キッチン、バスルーム、トイレなどの共用部分はとりわけきちんと使う必要があります。今までの生活では使いっぱなしだったかもしれませんが、シェアハウスでは次に使う人のことを考えて、きれいにしておくことが求められます。こうしたマナーを守れる人はシェアハウスの中にすぐに溶け込めるでしょう。